MWS
マルウェア対策研究人材育成ワークショップ

MWSについて

マルウェア対策研究人材育成ワークショップ (MWS) は、サイバークリーンセンター ハニーポット (※1) で収集しているボット観測データ、 研究者コミュニティから提供されたデータを「研究用データセット」として活用するワークショップです。 研究者コミュニティから提供されたデータは、MWS 2010 から新たな試みとして開始しました。

「研究用データセット」を活用した研究として3つの分野を想定しています。

  1. 検体解析技術の研究
  2. 感染手法の検知ならびに解析技術の研究
  3. ボットの活動傾向把握技術の研究

※1 「サイバークリーンセンター ハニーポット」はサイバークリーンセンター (CCC) の後継として、CCC 運営連絡会が引き続き運用しているハニーポットです。CCC 運営連絡会は、CCC の活動を民間主導で引き継ぐために設立された連絡会で、次の3組織から構成されています。


【開催目的】

インターネットのセキュリティインシデント全般が見えにくくなっています。背景のひとつに、活動を見えにくくするためのマルウェア機能の高度化や運用が挙げられます。このような状況下で、セキュリティインシデントの発生に迅速に対処するためには、先端的な研究者だけではなく、企業のネットワーク技術ならびにセキュリティ技術を開発する実務者もマルウェアに関する専門知識を備えていく必要があると考えています。

本ワークショップは、研究用データセットの提供、研究成果の共有ならびに切磋琢磨する環境の提供を通して、マルウェアに関する専門知識を備えた研究者/実務者を育成していくことを目的としています。

また、ワークショップ開催を研究用標準データを対象とした研究の立ち上げトリガにしたいと考えています。

さらに、MWS2011から、MWSをコンピュータセキュリティシンポジウム(CSS)のセッションの一部として融合することにより、CSSとMWSでの同じ分野の発表を同じセッションで聴講できるようにするだけではなく、サイバーセキュリティ全般の人材育成や対策に寄与すべく取り組んでいます。


【運営体制】

MWS2011から、MWSのオープン化、運営の定常化、CSSとの融合の実現に向け、 情報処理学会コンピュータセキュリティ(CSEC)研究会の配下に、MWS組織委員会を設置しました。 MWS組織委員会は、長期的な視点で、これらの課題を解決しつつ、MWSの全体的な運営を担当し、 MWS20xx実行委員会は、その年度のワークショップ開催の運営を担当することになります。


【MWS組織委員会】

組織委員長

篠田 陽一北陸先端科学技術大学院大学

委員

小山 覚NTTコミュニケーションズ(株)
寺田 真敏東京電機大学/(株)日立製作所
鳥居 悟(株)富士通研究所
則武 智ICT-ISAC Japan
畑田 充弘日本電信電話(株)
松浦 幹太東京大学
松坂 志(独)情報処理推進機構
真鍋 敬士JPCERTコーディネーションセンター

研究用データセット活用WG

(独)情報処理推進機構入澤 松坂
情報通信研究機構井上 衛藤 笠間 中尾 三輪
産業技術総合研究所須崎 渡辺
JPCERT コーディネーションセンター真鍋
警察庁大坪
(株)アクティブディフェンス研究所忠鉢
(株)インターネットイニシアティブ齋藤 鈴木 永尾
NRIセキュアテクノロジーズ(株)伊藤
(株)エヌ・エフ・ラブラトリーズ松木
NTTコミュニケーションズ(株)大村 加藤 小山 須藤 高橋 田中 則武 羽田 畑田
NTTセキュリティジャバン(株)森下
(株)NTTデータ新井 重田 宮本
(株)FFRI鵜飼 押場 中川 茂木
(株)MCセキュリティ
沖電気工業(株)八百
キヤノンマーケティングジャパン(株)池上 長谷川 原田 藤城
(株)KDDI総合研究所窪田
(株)構造計画研究所嶌田
(株)サイバーディフェンス研究所大徳 中島
ジェノアテクノロジーズ(株)岡田
(株)セキュアブレイン岩本
SecureWorks中津留
セコム(株)稲垣 島岡 澗潟 矢野
SECCON実行委員会竹迫
(株)ソリトンシステムズ荒木 尾曲
デロイト トーマツ サイバー合同会社神薗
(株)東芝松本
トレンドマイクロ(株)
日本電気(株)高橋 山形
日本電信電話(株) セキュアプラットフォーム研究所秋山 岩村 大月 神谷
パナソニック(株)大庭
(株)PFU寺田 宮原
PwCサイバーサービス合同会社高田 村上
(株)日立製作所川口 寺田
(株)富士通研究所海野 鳥居 東角
(株)富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ青木 秋野
日本マイクロソフト(株)小野寺
三菱重工業(株)安西
三菱電機(株)大野 河内 北澤 山本
LINE(株)愛甲
楽天(株)福本
(株)ラック金子 長野
(株)リクルートテクノロジーズ六宮
(株)YE DIGITAL古瀬
青山学院大学鷲見先生 宮治先生
アリゾナ州立大学樫原
石川工業高等専門学校小村先生 長岡先生
岩手大学中谷先生
岩手県立大学高田先生 成田先生
愛媛大学甲斐先生
大阪大学猪俣先生 松岡先生 矢内先生
大阪電気通信大学竹内先生
大阪府立大学青木先生 宮本先生
岡山大学山内先生
学習院大学申先生
鹿児島大学下園先生
金沢大学千石先生 満保先生
関西大学安達先生 桑門先生 小林先生
木更津工業高等専門学校米村先生
岐阜大学原山先生
九州大学小出先生 櫻井先生 フォン先生
九州工業大学池永先生 佐藤先生 中村先生
京都産業大学秋山先生
熊本大学有次先生
熊本高等専門学校小島先生
慶應義塾大学河野先生 砂原先生 武田先生 土居先生 山内先生
工学院大学小林先生
神戸大学小澤先生 白石先生 高野先生 森井先生
国立情報学研究所高倉先生
埼玉大学大久保先生
佐賀大学大学廣友先生
静岡大学西垣先生
芝浦工業大学篠埜先生 新津先生 平川先生
情報セキュリティ大学院大学橋本先生
信州大学鈴木先生
創価大学鳥居先生
大同大学君山先生
玉川大学山崎先生
千葉大学梅澤先生 大澤先生
千葉工業大学屋代先生
中央大学辻井先生
筑波大学大山先生 岡本先生 面先生 川島先生 佐久間先生 西出先生
津田塾大学村山先生
電気通信大学市野先生 高田先生 高田先生 吉浦先生
東海大学石井先生 大東先生 中嶋先生
東京大学柴山先生 中尾先生 細井先生 松浦先生 宮本先生 楊先生
東京工科大学宇田先生 亀田先生 布田先生
東京工業大学石井先生 小池先生 田中先生
東京情報大学岸本先生 布広先生 花田先生
東京電機大学佐々木先生 寺田先生 宮保先生
東京都市大学塩本先生
東京理科大学金子先生
東邦大学金岡先生
東北工業大学角田先生
徳島大学谷岡先生
鳥取大学高橋先生
富山大学沖野先生
豊田工業大学松井先生
名古屋大学嶋田先生
名古屋工大学齋藤先生
奈良工業高等専門学校岡村先生
奈良先端科学技術大学院大学門林先生
南山大学奥村先生 河野先生 後藤先生
新潟県立大学高原先生
日本大学西園先生
はこだて未来大学高橋先生 中村先生 新美先生
弘前大学長瀬先生
広島工業大学荒木先生
福山大学山之上先生
防衛大学校中村先生 三村先生
法政大学金井先生
放送大学葉田先生
北陸先端科学技術大学院大学篠田先生
北海道大学飯田先生
室蘭工業大学董先生
明治大学秋岡先生 菊池先生
山形大学小山先生
山梨大学美濃先生
横浜国立大学松本先生 吉岡先生
立命館大学上原先生 瀧本先生 毛利先生
早稲田大学後藤先生 森先生

【MWS組織委員会設立趣旨書】


2011年7月13日                         松浦幹太 (東京大学)                篠田陽一 (北陸先端科学技術大学院大学)  インターネットの世界では毎日のようにより巧妙な仕組みを取り入れた マルウェアの亜種や新種が登場している。 このような環境の中で、マルウェア対策の研究を発展させていくために は、最新のマルウェア検体を入手し、そのプログラムを解析し感染や被害 に至る仕組みを解明し、それら研究成果の情報共有を行う取組が求められ る。 研究分野は異なるが、細菌研究においては検体の入手と管理が極めて慎 重に行われている一方で、細菌学教育用菌株の分譲が行われており、研究 目的で菌株の提供を受けることができる。 セキュリティ研究の分野では、このような仕組みが無かったことから、 サイバークリーンセンターの成果の一部であるマルウェア検体の情報や攻 撃通信記録が、三ヶ年に渡って信頼のおける研究機関に提供され、これら 情報を教材とした研究成果の発表会としてMWSを開催してきた。 また、互いの研究成果を情報共有するだけでなく、攻撃通信等の解析技 術を競うMWS Cupを開催した。MWS Cupでは自らの研究成果を最大限に 発揮し、持てる技術や知恵を尽くして、解析の速さ、正しさ、美しさを競 争することで、自己の研究成果と課題を客観的に確認する貴重な場となっ た。 これらの MWS の取り組みは、我が国のセキュリティ研究・開発分野の 発展に貢献する実践的な取り組みとして、産官学のマルウェア対策に関わ る専門家から多くの支持や評価を受けている。 CSEC 研究会では、上記取り組みを継承し発展させることで、世界に手 本を示せるセキュリティ研究のスキーム構築を目的とし、CSEC内にMWS 組織委員会等の機構を設置することとする。                                以上


最終更新日: 2021年05月06日(木)
公開日: 2021年04月28日(水)