■第9回災害コミュニケーションシンポジウム
〜災害時に必要な情報処理〜

主催:一般社団法人情報処理学会
   セキュリティ心理学とトラスト(SPT)研究会
   インターネットと運用技術(IOT)研究会
   情報システムと社会環境(IS)研究会
協賛:グループウェアとネットワークサービス(GN)研究会

日時:2019年12月26日(木) 10:00〜17:30
場所:キャンパスプラザ京都
住所:〒600-8216 京都市下京区西洞院通塩小路下る東塩小路町939
http://www.consortium.or.jp/about-cp-kyoto

[TOP | HOME ]

プログラム

09:30〜開場
09:50〜10:00開会の辞
10:00〜11:20ISCRAM2019の関連研究紹介
11:20〜11:30(休憩)
11:30〜12:20【基調講演1】
基盤的防災情報流通ネットワーク「SIP4D」を活用したCRS/ISUTサイトの運用とN2EMによる情報支援ボランティア活動
 取出新吾(防災科研総合防災情報センター)
12:20〜13:30(昼食)
13:30〜14:10【基調講演2】
気象庁における"観測" -観測データ収集の現場からの報告-
 富澤周(福岡管区気象台) 
14:10〜14:50【基調講演3】
災害時の水道に関わる問題についての分析(仮)
 吉澤源太郎(大阪市水道局工務部) 
14:50〜15:00(昼食)
15:00〜15:40【基調講演4】
チャットボットを利用した災害情報収集システムの開発と活用(仮)
 嘉山陽一(朝日航洋/IT DART)
15:40〜16:10危機対応の国際規格の動向
 爰川知宏(NTTセキュアプラットフォーム研究所)
16:10〜16:20(休憩)
16:20〜16:50インターネットを用いたニア・リアルタイムでの災害観測の考察
 松本直人(さくらインターネット研究所)
16:50〜17:20リスク対応型情報システムの開発・導入プロセスに関する考察
 畑山満則(京都大学防災研究所)
17:20〜17:30閉会の辞
17:30〜懇親会



ISCRAM2019の関連研究紹介の発表者募集

--------------ISCRAM2019の関連研究紹介様式(ここから)-------------------
 
宛先:murayama【アットマーク】tsuda.ac.jp
メールの件名:ISCRAM2019関連研究発表申込
氏名:
所属:
メールアドレス:
担当希望の論文タイトル:
 
希望担当論文を選び、スライド5〜10枚程度にまとめてください。
https://iscram2019.webs.upv.es/wp-content/uploads/2019/09/ISCRAM2019_Proceedings.pdf
 
--------------ISCRAM2019の関連研究紹介様式(ここまで)-------------------




参加申込み

--------------事前登録様式(ここから)-------------------
 
宛先:dcs-info【アットマーク】mail.iot.ipsj.or.jp
メールの件名:事前申込(第9回災害コミュニケーションシンポジウム)
氏名:
所属:
メールアドレス:
参加費領収書の宛名:
懇親会参加の有無: 参加 不参加(どちらかを削除)
懇親会の領収書の宛名:
 
--------------事前登録様式(ここまで)-------------------

[TOP | HOME ]


Copyright © 2009- SPT All Rights Reserved.
連絡先 E-mail: spt-info【アットマーク】klab.is.sci.toho-u.ac.jp
Last modified: 2019/11/25 15:08:07