MWS 2022
マルウェア対策研究人材育成ワークショップ 2022

What’s new

2022年09月14日 MWS Cup・MWS 2022 企画セッション を公開しました。
2022年09月14日 MWS 2022 運営体制 を公開しました。
2022年08月01日 論文投稿(発表申込) を追記しました。
2022年07月07日 スケジュール を公開しました。
2022年06月20日 MWS 2022 プレミーティング を公開しました。
2022年06月20日 Web サイトを公開しました。

お知らせ

Slack チャンネルを用意しました。詳しくは 「Slack-MWS 開設のお知らせ」 をご確認ください。
また、CSS2022 会期中の MWS/システム/OWS/BWS トラックでは、Slack-MWS をコミュニケーションツールとして利用します。事前にご登録ください。

スケジュール(日本時間)

2022年07月19日(火) ~ 2022年08月12日(金) 論文発表申込(アブストラクト提出)
2022年07月19日(火) ~ 2022年08月23日(火) 17:00 最終原稿(カメラレディ)投稿
2022年07月19日(火) ~ 2022年09月12日(月) 参加登録(早期割引料金)
2022年09月13日(火) ~ 2022年09月30日(金) 参加登録(通常料金)
2022年10月01日(土) ~ 2022年10月27日(木) 10:00 参加登録(直前料金/当日料金)

開催情報

名称 マルウェア対策研究人材育成ワークショップ 2022(MWS 2022)
日程 2022年10月24日(月)~ 10月27日(木)
会場 ハイブリッド開催(熊本城ホール+Zoom)
主催 (社)情報処理学会 コンピュータセキュリティ研究会 MWS組織委員会

参加登録

MWS 2022 への参加登録は、コンピュータセキュリティシンポジウム 2022(CSS 2022)への参加登録と共通となっております。ご登録頂くと、CSS 2022 および併催の他のワークショップのセッションにも参加が可能です。

論文投稿(発表申込)

MWS 2022 への論文投稿受付は、コンピュータセキュリティシンポジウム 2022(CSS 2022)への論文投稿受付と共通となっております。ご投稿頂いた論文の発表セッションの割り当ては、ご投稿頂く論文の概要やキーワードを参考に CSS 2022 プログラム委員会により定められますが、特に MWS 2022 でのご発表を希望される場合、発表申し込みの手続きにおいて「MWS」をお選びください。

表彰について

MWS 実行委員会では、マルウェア対策研究において優秀な論文の発表を行い、MWS の盛会に寄与した講演者ならびに著者らを表彰することを目的とした論文賞を設けております。

MWS プログラム委員会は以下の観点に基づいた厳正な審査を行い、表彰対象論文を選出します。

  1. マルウェア/サイバー攻撃対策に有効かつ新規性があるか
  2. 新たな技術の研究・開発を喚起する研究成果であるか
  3. 他の研究の参考になる研究成果であるか
  4. マルウェア/サイバー攻撃・対策の現状・実態を明らかにする実験・調査であるか

MWS 優秀論文賞(1件)

MWS 学生論文賞(1件)

MWS ベストプラクティカル研究賞(1件)

協賛組織

株式会社インターネットイニシアティブ 株式会社野村総合研究所 株式会社ソリトンシステムズ 株式会社ENNA サイオス株式会社 トレンドマイクロ株式会社 (株)エヌ・エフ・ラボラトリーズ Hitachi Incident Response Team 株式会社QTnet 株式会社DataSign 株式会社LegalForce 株式会社クニエ

お問い合わせ

ご不明な点がございましたら、MWS 2022 実行委員会事務局(csecreg [at] sdl.hitachi.co.jp)までお問い合わせ下さい。また、記載等に誤りがありましたらご連絡願います。なお、修正タイミングは平日、1日1回程度を予定していますので、あらかじめご了承ください。